2017年09月26日

伝えたいことがないんだ

元々ブログを始めたのは、自分の考えたことや思ったこと、感じたことを誰かに伝えたい(最終的には共感してもらいたい)と始めたものでした。

そもそも個人として伝える場(顔と顔をつきあわせて話す場)には限りがあるし、多くの人に伝えるならホームページやブログは一番安価で簡単な手段だったので、当初始めたときはそれなりに合理性があったのでした。

振り返ってみると、最初のほうのエントリはmixiの日記を転載した程度のものであり、メッセージ性に乏しいものでした。自虐的・比喩的に書くと「ラーメン食った、うまかった」というようなもの。

ところが、本を読んだり講演を聴いたりすると、ブログの有用性と同時に、大した内容でないなら書く意味がないんじゃないか、と考えるようになりました。具体的には土井英司さんの講演と寺田先生のメールマガジンがきっかけ。
【関連する記事】
posted by 福田茂孝 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする