2017年08月07日

できない人に怒るのではなく、できる人に感謝しよう

コンビニなどで、サンドイッチを買うと、言わなくても紙おしぼりを付けてくれる店員さんがいます。
その反面、もちろん付けてくれない店員さんもいるわけで、気が利かないなぁと思いながら
「おしぼり付けてもらえますか?」といちいち言っては嫌な気分になっていました。

ところが、最近「気が利かない人が多いというよりも、気が利く方がレアなのでは」と考えなおすようになりました。
このように考え方を改めたら、おしぼりを入れてくれる気がきく店員さんに当たった時に
「ありがとうございます」と前よりも気持ちよく言えるようになりました。

そして、気がきく店員さんもきっと嬉しい(はず)。
posted by 福田茂孝 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする