2017年02月19日

海外旅行中の通信事情について考えてみた

そういや昔はあんまり気にしてなかったけど、今度海外に行くときに必須だなと思うのが通信機器のこと。
いまのところ三択で迷っていて、

1.モバイルWi-Fiルータをレンタルする
2.simフリー端末を買って持っていき、現地でsimを購入する
3.自分のiPhone SEをsimロック解除して持っていき、現地でsimを指す

1.はレンタルルータで有名なイモトのWi-Fiを見てみると
キャンペーンで割引されていて、かつ500MBの少量でも…
880円/day
なので、4日間だとすると
3,520円(税込なのか税抜きなのか不明だけど)
う〜ん、結構するなぁ。
まぁ持参するiPhoneとPC,iPadをつなぐと思うと安いのかなぁ。

2.は日本国内でsimフリー端末を買ってもっていくというもの。
旅行から帰ってきたら、その端末はどうするの?とか、2台持ちだとちょっと不便かな。
一応有力候補は台湾の企業であるAsusのZen Foneシリーズかな。
よく考えたらメリットあんまないや。

3.は色々とみると
まぁ手続きがちょっと面倒だけど一番安くて楽そう。
ソフトバンクのサイト見ると、simロック解除するためには
ソフトバンクショップで手続きするか、ネットで申込して下さいとあって
ネットだと無料だけど代わりのsimが必要、ソフトバンクショップだと
手数料が3,000円ほどかかるらしい。
だったら、国内で3,000円以内で使い切りのsim買って、simロック解除して
海外に持っていこうかなぁと。
simロック解除したあとは、現地の空港で3days 使い切りsim買ったりすれば解決。
中華電信で見てみると、3daysでNT$100(約990円)とある。



170218台湾通信検討一覧.PNG


ポチポチと調べてみたら、桃園国際空港の中華電信のカウンターは22時までしか空いていない様子。
しかし第一ターミナルの台湾大哥大は24時まで空いているようなので、そっちなら買えそうです、金額はNT$300で同じでした。
但し、中華電信は接続してから72時間なのに対して、台湾大哥大は初日も一日とカウントするようです。
なので、台湾大哥大だと5daysを購入しないといけないようですね。

しかも、乗る飛行機の到着は第二ターミナルなので、ターミナル間の移動が発生するようです。
スカイトレインという名前の連絡列車が通っている話しはいずれまた(わくわく
posted by 福田茂孝 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする