2018年04月08日

海外で銭湯に入ってみたりして(テルマエ・ロマエ風)

つつましい我が家の休日のたまの楽しみに、銭湯があります。
銭湯と言っても、いわゆる大規模なスーパー銭湯ではなく、いわゆるチェーン系「極楽湯」です。

(良く考えたら、家族でいっても、基本男は一人なので、個別行動ですが)

その極楽湯は、実は海外進出しているらしいのです。
確かにウェブサイトを見ると、「海外」の文字が。
しかも上海の店舗は直営店のようで、日本語のサイトもあったり(誰向けなのだ・・・)


180425極楽湯上海.JPG




そもそも銭湯という概念自体をパッケージ化して売っているのか
はたまた大規模浴場という形だけで、中身は全然違うのか。
まったく予想もつかず、これは旅行者としてはかなりワクワクしますね。

僕の海外銭湯知識は「テルマエ・ロマエ」を斜め読みした程度なので
虚実入り混じっているかと思いますが、海外で銭湯って割と受け入れやすいのかなと思います。
というわけで、上海の極楽湯行ってみたい。

なお、価格はサイトでは大人一人138元とあり、
スタバのトールラテ27元、マックのビックマック(単品)17元からすると
相当お高めであることは否めない。

日本で言うと海外スパみたいなもんなのだろうか。
posted by 福田茂孝 at 00:00| Comment(0) | とりとめもない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: