2016年05月29日

建築行政共用データベース

http://www.icba.or.jp/DBkyougikai/top.htm

入れないから入ってみたい・・・(あいさつ

いわゆる姉歯事件(構造計算書偽造事件)をきっかけに
特定行政庁が建築確認をスムーズに行うために作ったシステムですが
実はこれ別の副作用で活躍してたりしてます。

それは、建築士のなりすまし防止。

元々一級建築士はどういう理由か分かりませんが
ネット等で建築士名簿が公開されていません。
東京都港区まで行けば閲覧させてくれるよ、って前近代的な制度はあります。
http://www.kenchikushikai.or.jp/touroku/meibo/

(弁護士、司法書士や薬剤師などはネットで検索できます)

というわけで、免許証の偽造でなりすましが出来てしまう上に
確認方法がとても面倒なわけです。

そういや何年前に神奈川県警が建築士法違反容疑という珍しい容疑で
建築士になりすましていた男を逮捕したことがありまして
それはこの建築行政共用データベースが端緒となったそうです。

天網恢恢疎にして漏らさずってところでしょうか。
posted by 福田茂孝 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする