2015年06月04日

メイプルシロップ

メイプルシロップといえば、ワタクシ的には甘いほうではなくて競走馬のほう。
97年ローズステークスはキョウエイマーチの2着だったので
秋華賞はバリバリ大本命だったのですが…(遠い目
なお、タイトルと本文は関係ありません。


「ずっと○○だった××が□□を○ヶ月続けてホニャララ」的な
タイトルの本が世の中にあふれているということは
それだけニーズがあってそれなりに売れるということなのかなぁ。

当たり前ですが○○だった××には
大多数の人が共感できるものを入れます。
たとえばダメリーマンとか、劣等生とか、ビリギャルとか(笑


××には誰でもできそうな簡単なこと。
30分勉強するだけで、とか、掃除をするだけでとか、
玄関に花を活けるだけでとか。
簡単ならば簡単なほどハードル低くてgood。


具体的な数字を入れると更に効果的だとか。
3ヶ月位が適当なんですかね、長からず短からず。
5年とか書いちゃダメです、読む人がやる前から嫌になっちゃうし。


以上を踏まえた例。
100人中100位だった劣等生が、歯磨きを3ヶ月しただけで学年トップになった方法。


売れるかな。
posted by 福田茂孝 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする