2013年11月01日

『お金を稼ぐビジネスマンのメモ術・ノート術』

お金を稼ぐビジネスマンのメモ術・ノート術



読後の感想
お風呂で15分で読み終えました。
唯一特筆すべき点は、「メモ力を向上させるトレーニング」と称して、練習が必要だと説いた点です。
一般的にメモは誰でも取れると思っているかもしれませんが、「メモを取ること」だって立派な技術であると言う点は、その通りだと思います。
(だからこそ、この手の本が跋扈するわけです・・・)
メモを取るトレーニングとして最適なの「ニュース番組」というのはなかなか思いつかないいい素材でした。
確かに、起承転結と5W1Hが必ずあって情報が正確性に伝わっているかという答え合わせもしやすいし、言われてみれば最適です。


印象的なくだり
自分の気持ちも記録するアクティブメモ
人と話をする中では、「へえ、そうなんだ!」と驚いたり、「本当かなぁ」と懐疑的になったりと、いろいろと感じ、考えさせられるものだ。
こんなときはただ耳にした情報を書き留めておくだけでなく、そのときの自分の気持ちも簡単に書き添えておくといい。
たとえば佐藤さんが、「来年に独立して開業するんですよ!」と言ったことに衝撃を受けたとしたら、「佐藤、来年独立」と書くだけでなく「すごい!」とでも書き、さらにアンダーラインを引いておく。
すると後で読み返したときに、それが衝撃的な情報であったことが思い出されるし、衝撃を受けた自分の気持ちが蘇ってくる。「佐藤さんのようになりたいと思う自分」という、これまで気づかなかった自分に気づくかもしれない(P.046)。


ウィンドウズの「メモ帳」の場合、最初の一行に「.LOG」と大文字入力しておくと、その後メモを入力してファイルを閉じるたびに、入力した時間が自動的に入る。メモには日付が不可欠なので、これはとても便利な機能だ。ぜひ使ってみよう(P.096)。
posted by 福田茂孝 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする