2009年10月01日

目と目が合ったらmiracle

タイトルは、「Miracle Love」牧瀬里穂の歌詞(作詞竹内まりあ)より抜粋(タイトルと本文は関係ありません)。


三日間の有意義な休日。
そりゃあもう、惰眠をむさぼらせていただきましたとさ。

読んだ本、ハードカバー二冊と新書一冊。
食べたラーメン、一風堂。
iPhoneに入れたアプリはセカイカメラ。
見たアニメは攻殻機動隊SAC。
その他カレーうどんにしゃぶしゃぶ、コメダ珈琲でアイスモーニング。

セカイカメラのすごさに驚く。
ランドマークには既にデフォルトでエアタグが付けられているので、それだけでも楽しい。
明日池袋周辺を見てみるときっともっと楽しいだろう、と思う。
一方方向コミュニケーションをここまで面白くさせたのはすごい。
『電脳コイル』の世界がついに現実にっ。



わが子を使った壮大な教育(実験とも)の案。

幼児が生後六ヶ月位に初めて鏡に興味を持ち、やがて強烈な喜悦を得る瞬間を是非映像に残したい。
一般に幼児段階では「原始的不調和」つまり「ままならない状態」で生まれてきます。
ところが、鏡に映った自分の姿を見て、あるとき「おお、コレが私なのか」と認識・認容するときがきます。
つまり、それまで手の感覚とか脚の感覚とかバラバラに認識していたのを、「私」という一個の個だと認識するときがくるらしいのです。
(というかジャック・ラカンの鏡像段階理論は多分そう言っていると理解してます)
というわけで、わが子が自らを認識する瞬間(理屈でいうと一生で一回きりのはず)を是非残したい、というわけです。

善は急げというわけで、早速Youtubeのアカウント取得してみました。
http://www.youtube.com/user/fukudashigetaka

試しにアップしたのは、我が家からの風景。
iPhoneで撮っているので、かなり光量が足りずえらいことになっていますが(笑
最後の15秒くらいで電車が通り過ぎていきます。トレインビューです。



今から少し勉強して寝ます。おやすみなさい。
posted by 福田茂孝 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする